【いらないファイルの捨て方】燃えるゴミ?燃えないゴミ?どうやるの?

いらないファイル捨て方

こんにちは。

いらなくなったファイルの捨て方ってどうやって捨てるんだろう?と思ったあなたへ。

クリアファイルの場合・・・

プラスチック」として住んでいる地域の分別方法で捨てます。

(クリアファイルはポリプロピレンなどでできているので分類はプラスチックになります。)

ファイルの捨て方についてもう少しくわしく見て行きましょう。

いらないファイルの捨て方①燃えるゴミで出す場合

Ag KuによるPixabayからの画像

  • いらないファイルがクリアファイルの場合:「プラスチック」として地域の分別方法で出します。
  • いらないファイルの表紙が「紙」でできている場合:燃えるゴミ
  • 住んでいる地域で「プラスチック」の分別がないとき:燃えるゴミで出せます。
  • プラスチックの分別がある場合はその地域の分別方法に従い出しましょう。
  • 「とじているヒモ」が金属でない場合:燃えるゴミで出せます。

住んでいる地域のプラスチックの分別方法を確認してみましょう。

いらないファイルの捨て方②燃えないゴミで出す場合

BRRTによるPixabayからの画像

  • 「プラスチック製品」のマークが書かれている:地域の分別方法「プラスチック」で出します。
  • 「金属でできているファイルのリング」:燃えないゴミで出します。金属の分別で出します。
  • 金属の部分とそのほかの部分を分けて捨てましょう。
  • 金属でできているところはレバー式・パイプ式・リング式のファイルに多いです。
  • 燃えるゴミと燃えないゴミに分けるのが面倒ですが金属部分を上手にとるにはいったん表紙をリングからとりましょう。
いらないファイルを確認して燃えるのか燃えないのかそれぞれの部分をこまかく分けてみましょう。

いらないファイルの捨て方③文章はシュレッダーに

Chris StermitzによるPixabayからの画像

いらないファイルの中の文章などは捨てる前にシュレッダーにかけるなどして個人情報がわからないような対策を考えると良いでしょう。

いらないファイルの捨て方は地域ごとに確認しましょう。

Maria JによるPixabayからの画像

クリアファイル・クリアポケットなどは分別が「プラスチック」になります。
住んでいる地域の分別方法を確認して捨てましょう。

ポイントはいらないファイルをそのまま捨てるのではなく、いらなくなったファイルを細かく見て分けて捨てるところです。

金属部分とプラスチック部分が一緒のままでは捨てられません。

面倒くさいかもしれませんが地球のためにも捨て方に注意すると良いでしょう。

いらないファイルの捨て方の記事まとめ

家を整頓しているといらないファイルはたくさん出てくると思います。

そんな時にどうしたらよいのだろう?と思ったら

  • 燃えるゴミ
  • 燃えないゴミ

どちらになるのか考える必要があるでしょう。

そして住んでいる地域の分別方法で捨てることが大事です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました