pdcaの意味とは?

子供とワードプレス

最近、とある方の講義を聞いていて

何度もPDCAという言葉が出てきました。

はずかしながら

私はこの意味が分からなかったので

今日はこの意味について

自分の健忘録として記事にしたいと思います。

pdcaの意味とは?

簡単に言うと

答え合わせの時間を作る

という事になるかと思います。

一つずつアルファベットの意味を見て行きましょう。

PDCAのPとは?

P・・・PlanのP

計画をたてる、という意味があります。

PDCAのDとは?

D・・・DoのD

実行する、という意味があります。

PDCAのCとは?

C・・・CheckのC

評価、検証する

という意味があります。

PDCAのAとは?

A・・・ActionのA

改善する、という意味があります。

これらは、生産管理や品質管理

などの管理業務を行う時に考え出された方法だそうです。

それでは、このPDCAを例を挙げて具体的に見て行こうと思います。

PDCAの具体例を見てみましょう

今回子供の離乳食を与えている時期にいるので、離乳食についてでやって行こうと思います。

・P・・・離乳食を今日からあげ始めよう!(計画する)

・D・・・離乳食をあげた。(実行する)

・C・・・あげた結果どうなったかな、うん、リンゴは大丈夫みたいだ。(検証する)

でも・・・うどんは全身が赤くなっちゃうみたいだからやめとこう。

・A・・・うどんを少しずつでも食べられるように、少量から始めていくのがいいかな。(改善する)

こんな感じでやって行くと、

中でもうまく整頓出来ていい、という事みたいですね。

まとめ

pdcaの意味について考えてみました。

これは色々なことに応用できるかと思いますので

取り入れると良いかと思います。

その時には、

メモをするなどして整頓すると、自分の中でぐちゃぐちゃになっていたことが

スッキリするかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました