富士山こどもの国パオの持ち物について

山梨県

静岡県にある富士山こどもの国の園内にある「パオ」について書いています。

  • パオの持ち物を知りたい
  • パオってなんのこと?
  • 富士山の近くでキャンプが出来る場所を探している

という方に向けて書いています。

富士山こどもの国にあるパオへの持ち物

富士山こどもの国のパオへの持ち物は

  • 食材(食事は出ないので自分で持って行きます。炊事場があるので調理が出来ます。)
  • 寝具

などは自分で持って行く必要があります。


販売しているもの

  • ライターなど火をつける着火剤¥100
  • カセットガスコンロ¥2900
  • 段ボール燻製器¥1900
  • ランタン¥1850
  • カセットボンベ¥400
  • 軍手¥50
  • 食器用・洗濯用洗剤¥150
  • スポンジ¥100
  • ステンレスマグ¥1100
  • スプーンフォーク¥各400
  • ボディソープ・シャンプーリンス¥220~400
  • 歯ブラシ¥50
  • ゴミ袋¥20

など、くわしくはHPをご覧ください:https://www.kodomo.or.jp/stay/pao/

こどもの国(富士山)のパオについてのご紹介

こどもの国(富士山)のある住所

富士山こどもの国のある場所は

4170803静岡県富士市桑崎(しずおかけんふじしかざき)1015です。

こどもの国(富士山)にあるパオってなに?

富士山こどもの国にあるパオとは中国で呼ばれている組み立て式の住居のことです。

富士山こどもの国には

  • 大きいサイズ6棟
  • 小さいサイズ10棟

あります。

  • テントは貼れませんがタープを貼ることができます。
  • 焚火やバーべキューをすることもできますが事前に確認してみてください。

パオは遊牧民の住居が原型となっています。

パオのことをモンゴルではゲルと呼びます。

こどもの国(富士山)にあるパオの定員数は6~20人

富士山こどもの国にあるパオの定員数は

  • 大きいサイズが20人まで(たたみ22畳分くらい)
  • 小さいサイズが6人まで(たたみ9畳分くらい)

となっています。

こどもの国(富士山)にあるパオの宿泊料金は一泊3250円~8200円

富士山こどもの国にあるパオの宿泊料金は

平日

  • 小さいサイズ・・・一泊3250円
  • 大きいサイズ・・・一泊6500円

土日や特定日(春休みやゴールデンウイーク・夏休みや年末年始)

  • 小さいサイズ・・・4100円
  • 大きいサイズ・・・8200円

 

  • 支払いは現金のみでした。
  • 受付開始は使いたい月の3か月前の9:00~予約が出来るという事です。

こどもの国(富士山)にあるパオで注意すること

  • パオの中では飲食が出来ません。
  • パオの近くまで車で行くことはできないです。
  • (無料で草原の家というところでリヤカーが借りられるので駐車場からリヤカーで荷物を運ぶことが出来ます)

パオのことに関しては富士山こどもの国「草原の家」が管轄しています。

詳しくは富士山こどもの国ホームページ:https://www.kodomo.or.jp/

富士山こどもの国パオの持ち物の記事のまとめ

こどもの国(富士山)のパオについてどのくらいから予約が出来るのかなどをご紹介しました。

パオ周辺には有料で使えるコインシャワーや洗濯機・乾燥機があります。

長期休暇に静岡県へ行くのなら子供と一緒に富士山こどもの国へ行ってみてはいかがでしょうか^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました