長崎ハウステンボス旅行2019 見どころ子供とお出かけ九州地方 

長崎県

長崎ハウステンボス旅行 見どころや駐車場情報についてご紹介します。

九州地方へお出かけするときにはぜひ行ってみてください♪ 

長崎ハウステンボス旅行のみどころ

ハウステンボス花のイベント情報

・4月中旬まで・・・

100万球のチューリップ祭り

・4月下旬~6月上旬まで・・・

約2000種120万本のバラ祭り

・6月上旬~6月下旬まで・・・

紫陽花祭り

・6月下旬~7月中旬まで・・・

百合祭り

ハウステンボスで知らない人が多いこと

メインゲートとハーバーゲートの2か所のゲートがある

(ハーバーゲートとはホテルヨーロッパ正面の南ゲートになります)

  • メインゲート・・・一度出ると再入場は一度だけできます。
  • ハーバーゲート・・・何度も再入場できます。

海水にたえる水陸両用バス舟の「ダックツアー」がある

日本で1台だけというバス舟です。

これは乗っておきたいですね~。

誕生日前後3日以内の人は特典がある

・ハウステンボス中のホテルに泊まった場合・・・レンタルサイクルなどの特典があります。

ハウステンボスにヘリポートがある

・ハウステンボスでヘリコプターの遊覧飛行があります!

公式ホームページ

「光と噴水の運河クルーズ」の船に運休時間がある

乗るときは気を付けてくださいね!

「3Dプロジェクションマッピング」に上映時間がある

こちらも時間に注意です。

チケットによってブースの料金が違う

よく確認することが大事です!

メインゲートの宿泊者の荷物を預かってくれるところから宿泊者が泊まるホテルの部屋までに移動時間がかかる

少し疲れてしまいました><

長崎ハウステンボス駐車場について

  • ハーバードゲートの近くに駐車場をがあります。
  • 宿泊専用駐車場は朝早くから出ることが出来ます。
  • ハウステンボスの中のホテルまでは「無料シャトルバス」が運行しています
  • ※駐車場が十分あると言っても満車になるときがあります。

ツアーで来た人あれば数時間~半日駐車しますし

個人で来た人であれば半日以上駐車しています。

その間は残念ながら空車にはなりません。

特に花火大会の時には大渋滞で「花火を全く見ることが出来ずに帰った」という話もよく聞きます。(2018年度は3月7月9月12月に花火大会がありました。) 

長崎ハウステンボスの住所

・長崎県佐世保市ハウステンボス町1ー1 

ハウステンボスへのアクセス方法

ハウステンボスへの行き方~オーソドックス編~

・飛行機、電車、マイカー、レンタカー、バスなどで行く方法


バスでは長崎空港~ハウステンボスの間が大人約1300円

渋滞無しで約60分かかります。

 

ハウステンボスへの行き方~あまり知られていない編~

  • 長崎空港とハウステンボスを高速船ヘリコプターで往復できます!
  • 高速舟・・・大人約2000円・約50分
  • チャーターヘリコプター・・・2人で約5万円・約10分

休日に行く場合気を付けると良いこと

  • 休日に行く場合は渋滞があるかや駐車場が満車かどうかを考えて予定を立てることをお勧めします。
  • ほとんどのドライバーはナビをセットして走行しますので迂回路などを早めに調べるとよいでしょう。
  • 迂回路は「ハウステンボス迂回路」と検索するとでできます。

長崎ハウステンボスに子供連れで行くとき

  • ディズニーランドやUSJの遊園地とは感覚が全く違います。とにかく広いです。
  • おすすめしたいのがレンタルサイクルです。
  • 種類はたくさんありますが数に限りがあります。早めのご予約を。

レンタルサイクル

ハウステンボスのお土産情報

お土産店はたくさんあります!

長崎なのでカステラやチーズなどいかがでしょう。

ハウステンボスへ格安で行くには

格安で行くにはさくらトラベル で国内の格安航空券を比較してから行くと良いでしょう!
ハウステンボスに近い空港は「長崎空港」になりますので到着地に入力して調べてみてください。

長崎ハウステンボスに行って感じたこと

  • 一日ではとてもではないけれど遊びきれない広さです。
  • 効率よく遊ぶには事前の下調べが大事だと感じました。
  • 特に「3Dプロジェクションマッピング」の上映時間に合わせてどういうように園内を回るのかを考えるべきでした。

3Dプロジェクションマッピングについて

「光と噴水の運河クルーズ舟」の運休時間に気を付けた方が良いです。

クルーズ舟について

長崎ハウステンボス旅行2019見どころの記事のまとめ

長崎ハウステンボス旅行 見どころや駐車場情報についてご紹介しました。

一日だけではまわりきれないかもしれませんが一度行ってみることをおすすめします。

イルミネーションや花火大会で有名なハウステンボス。
早朝と昼間、そして夜のハウステンボスはそれぞれ違いがありました。(2019年)

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事もおすすめ(おすすめ旅行先)

タイトルとURLをコピーしました