【魚焦げ付かない焼き方】とフライパン用ホイルを使った方法★簡単に魚が焼けちゃう!

魚焦げ付かない焼き方

こんにちは。

毎回魚焼きグリルの網を使っているけれど焦げ付きがなかなか落ちなくて困っているというあなたへ、対処法を3つ載せていますのでご覧ください♪

また、今日は魚焼きグリルの網を使わなくても簡単に魚が焼ける方法をご紹介しています。

フライパンがあれば簡単に魚が焼けるシロモノ「フライパン用ホイル」を使います。

  • 魚焼きグリルを使うのが面倒くさい!
  • コビリや焦げ付きを落とすのが大変だから使いたくない!

というあなたにはおすすめな商品です。

魚焦げ付かない焼き方を「魚焼きグリル」で行う場合のポイント3つ

魚焼きグリルで魚を焼きたい!という場合のポイントです。

darf_nicht_mehr_hochladenによるPixabayからの画像

 

最初から温度(余熱)を高くしておき(180℃位がベスト)魚を焼いていく

  • こびりつく時間が短縮できるため焦げ付きが減ります。
  • 余熱を高くしておくことが魚が焦げ付かない焼き方になるでしょう。

魚焼きグリルにあらかじめ「お酢」をぬってから焼く

  • お酢がこびりつかない役目を果たしてくれます。
  • 本のひと手間ですがお酢を浸したキッチンペーパーなどでグリルにお酢をぬってから焼いてみてください。
  • 魚の焦げ付きが軽減されることと思います。

余熱の前に「油」をぬり余熱後も「油」をぬる

PezibearによるPixabayからの画像

  • 魚焼きグリルの余熱を入れる前に「酢」をぬったときのように「油」をぬってみてください。
  • そして余熱後ももう一度「油」をぬってみてください。2回ぬるのがポイントです。
  • (1回目はコーティングする感じでおこないます。)
  • 油が魚のたんぱくをこびりつかないような役目をしてくれます。
魚が焼きあがって取り出すときには魚焼きグリルの網と同じ方向に箸を入れるとスムーズに魚をとることができます。

魚焦げ付かない焼き方にフライパン用ホイルを使った方法★

魚が焦げ付かない焼き方をするのにグリルを使うのではなく「フライパン用魚焼きホイル」を使う場合についてのご紹介です。

私は以前は魚焼きグリルを使っていたのですが掃除が面倒だったのでそれ以降フライパンで魚を焼くようになりました。

使い終わった後はホイルごと捨ててしまえばOKなのでとても簡単に後片付けが出来ますよ。

フライパン一つで簡単に魚が焼けちゃう!使い方

Walter BichlerによるPixabayからの画像

フライパン用魚焼きホイルの使い方はとってもシンプルです。

  1. アルミホイルの様になっているのでそこからホイルを取り出して使いたい長さに切ります。
  2. フライパンの上にホイルを置きます。
  3. その上で魚を焼くだけです!

フライパン用のホイルはフライパン一つで簡単に魚が焼けてしまうので忙しい時でも重宝します。

さらにフライパンも綺麗に使えてしまうのでとても楽です。

魚が焦げ付かない焼き方はフライパンでも出来るという事を覚えておくと便利です♪

「フライパン用ホイル」をおすすめできない人

  • フライパンで魚を焼きたくないよというあなた
  • 魚はグリルで焼いた方が美味しいと感じるあなた

にはおすすめしたくありません。

「フライパン用ホイル」をおすすめしたい人

Robin HigginsによるPixabayからの画像

  • 魚を焼くのがフライパンでも構わないというあなた
  • 魚の焦げ付きが少なくなってほしいというあなた
  • 魚の焦げ付きを掃除するのが面倒だからグリルは使いたくないというあなた
    にはおすすめしたいです。

魚焦げ付かない焼き方とフライパン用ホイルを使った方法★簡単に魚が焼けちゃう記事のまとめ

  • 魚焼きグリルの網に焦げ付きがついているとイライラして嫌になりますよね。
  • 時間をかけずに綺麗に落とせればよいのですがなかなか思い通りにならないかもしれません。
  • そんな時にはフライパンで代用するという事も考えると良いでしょう。
  • この方法はどうしてもグリルの網で焼きたいんだ!という人以外におすすめしたいと思います。
  • 「アルミホイル」の様に一家に1つおいておくと何かと重宝する優れものですよ。
  • 掃除が本当に楽チンというか…ただ捨てるだけでフライパンも汚れないので一石二鳥になります。
  • ためしてみてくださいね♪
  • 最後までお読みいただきありがとうございました。
タイトルとURLをコピーしました