【シャインマスカット】保存は枝のまま?ぶどう農家生まれが教えます

シャインマスカット保存枝

こんにちは。ブドウ農家に生まれたけいこと申します!

 

?シャインマスカットって保存方法は枝についたままでいいの?

?それとも粒をとるの?

?枝はどうするの?

と気になったあなた様へ。

 

・枝についたそのままで保存はできますよ。

・1粒1粒枝を少し残して切り、冷蔵庫に入れても日持ちはします

・どのくらいで召し上がるかで保存方法を変えてみるといいですね♪

 

シナシナになったマスカットです。

↑こちらは実家で作っているネオマス(ネオマスカット)ですが

日数が立つとシナシナしてきています。

ぶどうは収穫をするときにはさみで切って収穫します。

そこから水分が抜けていくのでだんだんとしおれてきてしまいますので

その前に召し上がるのがおいしく召し上がれます★

新鮮な2~3日のうちに召し上がっていただければいいなとは思います。

 

ツイッターからの情報です↓

はさみで切ることがめんどくさい!というときは

シャインマスカットが枝についたそのまま保存で大丈夫です。

 

シャインマスカットの保存①枝についたままなら新鮮なうちに召し上がって

シャインマスカットを枝についたまま保存する場合は

水分が抜けていく前に早めに召し上がってください。

2~3日くらいがおいしく召し上がれます。

1週間くらいしてくると、だんだんとシナシナになります

その理由は出荷するときに切った枝の切り口などから水分が抜けていくからです

ポイントは、

水分が失われないような工夫をしていくことが大事だと思います。

枝の一番上の部分に1粒のぶどうをさしておくと長持ちする、と言う賢い方もいらっしゃるようですよ。

 

 

シャインマスカットを枝についたまま「常温」で保存する方法

シャインマスカットを保存するときに枝についたまま常温で保存する場合は

温度や湿度が高くない薄暗いところで保存がおすすめです。

その理由は温度や湿度が高いとブドウの水分が抜けていく速度が速くなるからです。

 

すぐに食べるわ!という場合は常温で大丈夫

 

 

シャインマスカットを枝についたまま「冷蔵」で保存する方法

 

シャインマスカットを保存するときに枝についたまま冷蔵で保存する場合は

  1. 冷蔵庫の野菜室
  2. 洗わない(食べるまでシャインマスカットに負担をかけないため)
  3. キッチンペーパーや新聞紙でやさしくつつむ(いたまないように)

といいかなと思います。

 

もうすぐ食べちゃうの!という場合は常温で。

ちょっと日にちを保ちたいの!という場合は冷蔵できますが

やさしく扱ってくださいね♡

 

 

シャインマスカットの保存②枝から切って粒で保存する方法

シャインマスカットを枝から切って冷蔵で保存する方法

 

シャインマスカットを枝から切って冷蔵で保存する方法は

  1. キッチンバサミまたはブドウ専用のはさみを使います。
  2. 枝とブドウの実を全部離さないで数ミリ残して切ります。(新鮮さを保つため)
  3. 実が重ならないように保存します。(傷がつかないようにするため)
  4. キッチンペーパーや新聞紙の上においてタッパーに保存がおすすめです。

 

ブドウ専用のはさみはブドウのために作られているのでとても切りやすいですよ。先っぽが細くて枝を上手に切りやすくできています。

ブドウ農家が必ず持っているはさみです★↓コレコレ チョッキンチョッキン切ってみて♪

なければキッチンバサミで全然OKです!

シャインマスカットの保存方法は食べるまでを考えて枝つきかどうか判断してみてください。

今日はシャインマスカットの保存方法は枝つきなのかどうなのかについてご紹介しました。

日数により枝付きのままでもOK!
ブドウの粒で保管する場合は枝を数ミリ残して!(実とくっついているところです)
食べるまでの日数で保存方法を考えてみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

こちらの記事もおすすめです。

【シャインマスカットのカビ】は食べられる?緑色の状態を見てみよう
マスカットのカビについて、ブドウ農家に生まれた管理人がご紹介しています。緑色の状態を見てみたり黒い点をみてみたりぶどうをよく見てみることが大事です。人気のシャインマスカットや保存方法についても触れていますので参考になさってくださいね。
【シャインマスカット保存期間はどのくらい?】ぶどう農家生まれが解説!
シャインマスカットの保存期間はどのくらいが目安なの?と思ったあなた様へ、ブドウ農家に生まれた私のおおよそですが「常温で2~3日」「冷蔵庫保存で5~7日くらい」は大丈夫だと思います。冷凍して長持ちさせるのも良いかもしれません。鮮度が高いうちに召し上がるのが一番おいしいと思いますのでお早めに。保存方法などご紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました