いつまでも仲良しでいるために!おしどり夫婦になる方法

子供と雑学

今一緒にいる人とずっと仲良しでいたい!

喧嘩をしたくない!

という方に向けて、今日はおしどり夫婦のようになるにはどうしたらよいか、まとめてみました。

 

その前に

どうしておしどり夫婦っていうのかしら?

と感じている方へ、

おしどりは、メスとオスがいつもいっしょにいるというところから人間に当てはめて「仲のよい夫婦」、というような意味になっています。

 

しかし、本当はおしどりのオスは一夫多妻制で、

1人の彼女といつも一緒にいるとは限らないんです。

 

ただ、言われとしていつも仲が良いということでそういう表現が使われているということです。

 

 

さあ、今日から喧嘩をしないためにも下記のことに注意してみませんか。

・否定語「でも」・「だって」という言葉は使わない

人は、自分が思っていることに対して反発をされてしまうと、

嫌な気持ちになります。

 

ゲームしたいんだけどなぁ・・・

今日はダメよ。だって外がこんなに晴れているじゃない。

といった感じで、自分がしたいことを相手に拒否されることがー番ストレスがたまります。

 

ストレスがたまると、仲も良くなくなりますし、気まずい雰囲気になるので、

否定後は使わないようにしましょう。

 

そんなこと言ってもすぐに使わないようには出来ないわ

そういう方が大半だと思います。

 

しかし、人間は意識をすれば変わるのです。

 

 

「でも」「だって」は使わない!と毎日唱えるだけで使わなくなりますよ。

 

 

・相手をねぎらう「お疲れ様」という言葉を毎日伝える

 

例えばあなたが奥さんだった場合、

旦那さんに

いつもお疲れ様。大変だったね。

という言葉を伝えたらどうでしょうか。

きっと嬉しいと思います。

 

反対に、

男は外で働いて当たり前!

というような考えでは、男性は疲れてしまいます。

 

男性は、帰ってきたら癒やしてもらいたいのです。

 

 

ですから、相手を労(ねぎら)うことを忘れないようにしてください。

 

お疲れ様です、そして疲れをとってください。

という言葉を伝えてください。

 

もしあなたが女性であれば、旅館の女将さんのような気分になって癒やしてあげるのです。

 

働いていてそんな余裕はない!

という時にこそ、こういう言葉は大事です。

 

疲れている時というのは、相手に対しても余裕がなくなってしまいます。

 

そういう時にこそたった一言「お疲れ様!」を声掛けして、スムーズなやり取りが出来るようにしましょう。

 

・感謝の気持ち「ありがとう」という言葉を毎日伝える

「ありがとう」という言葉は、

有り難いと書きますよね。

有ることが難しいという意味です。

 

それだけあなたに感謝しているのですよ、という言葉なので、1日に1度は使ってください。

 

管理人の話になりますが、

管理人は、

「ご先祖様、今日1日見守ってくださりありがとうございました。

そのおかげで今日も無事過ごすことが出来ました。感謝しています。」

 

という気持ちを毎日手紙に書いていました。

 

周りに感謝をして、ありがとうという気持ちを大事にするということは、自分の事も大事にできるし周りのことも大事にできるので良いことだと考えます。

 

ありがとうが素直に言える人ほど、人間関係がスムーズに行くでしょう。

 

・「おかげさまで」という気持ちを大事にする

人間は、自分一人では生きられない生き物です。

 

もし仮に、読者の皆様が地球上にたった1人だけ取り残されたとしましょう。

 

ご飯は食べられますか?

⇒農家の人がお米を作らなければ食べられません。

⇒お米を売る人がいなければ買えません。

 

トイレはいけますか?

⇒トイレ自体がなければいけません。

⇒トイレを作る工事会社の人がいなければ作れません。

 

人は1人では生きられない生き物だということがわかれば、

おのずと、「おかげさまで、私は今日も生きることが出来ます。」

ということに気がつくでしょう。

 

「おかげさまで」という言葉を大事にしてください。

 

今一緒に住んでいる彼氏・彼女

そして、もう何年も一緒にいる夫婦の皆さんにこそ、

この言葉を大事にしてもらいたいのです。

 

おかげさまで、今日もあなたに助けられています。

 

こういう気持ちを大事にしてください。

 

まとめ

 

世の中の仕組みは、自分だけが良ければ良い、ということでは成り立ちません。

 

人という字は、人と人が助けあって出来る象形文字からできています。

 

いつまでも、おしどり夫婦のように仲睦まじい家庭を築いていきたいのであれば、

自分本位なことばかりせず、

相手の気持に寄り添う生き方をしていくことが大事です。

 

もし今相手の方と上手く言っていないのだ、というのであれば、

相手を攻めるのではなく、

自分の事を反省してみてください

 

「慣れ」というものは怖いくらい浸透して元に戻らなくなりますので意識をして自分で変えていくしかありません。

 

そのためには上記にあげた言葉を使って、毎日の生活をしてみてください。

 

きっと何か変化が起こるでしょう。

 

自分だけが良い、という考えは今すぐ捨ててくださいね。

 

・おつかれさま。

・ありがとう。感謝しています。

・おかげさまで。

タイトルとURLをコピーしました