【シャインマスカットを保存する温度は何度?】ぶどう農家生まれが考えてみた!

シャインマスカット保存湿度

こんにちは。ブドウ農家に生まれたけいこと申します。

シャインマスカットを保存する温度って何度なんだろう?

と気になったあなた様へ、シャインマスカットを保存する温度は

  • 「常温」
  • 「冷蔵」
  • 「冷凍」で変わってきます。

wikipediaによると、

  • 常温は「15~25℃」としてみなすことができる
  • 冷蔵はJAS法では、「10℃以下」での保存
  • 冷凍は「マイナス15℃以下」

とのことなのでそれぞれ保存の方法により温度が変わることがわかります。

たとえばですが、

  • 2~3日で召し上がる場合…常温「15~25℃」
  • 5~7日位日持ちさせたい場合…冷蔵「10℃以下」
  • それ以上の場合…冷凍「マイナス15℃以下」

などでシャインマスカットの保存の温度を考えるといいかなと思います。

保存方法はこちらにも書きましたので参考になさってください。

【シャインマスカット】保存は枝のまま?ぶどう農家生まれが教えます
シャインマスカットの保存は枝についたままするの?どうしたらいいの?というあなたへ、ブドウ農家生まれのけいこがご紹介しています。枝についたままでも1粒1粒枝を少し残して切ってでもどちらでも保存はできます。食べごろを考えて保存してください。

 

お、農研機構によると、

マスカットの香りは「10℃」で貯蔵し続けた場合に最も維持されやすい

考文献:https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/fruit/060179.htmlより

とのことでした。

新鮮なうちに召し上がっていただくのが一番いいですが、

これらをふまえてシャインマスカットの保存の温度を考えてみるとよさそうですね。

【シャインマスカットを保存する温度は何度?】ぶどう農家生まれが考えてみた!

①常温(15~25℃)の場合

すぐ(2~3日)に召し上がるときは「常温」保存でも大丈夫です。

よく「常温で保存」と書かれていますが

「常温」って何℃なんじゃ?

と思ったことはありませんか?

wikipediaによると

  • 常温は「15~25℃」としてみなすことができる
  • 日本工業規格では「常温」を20℃±15℃(5~35℃)の範囲として規定

とありました。

シャインマスカットは温度と湿度が高くなると水分が抜けたりといたみやすくなるので

常温の15~25℃で保存する場合は早目に召し上がってください。

常温での保存方法はこちらにも書いてあります。

  • 温度や湿度が高くない薄暗いところで保存してください。
【シャインマスカット】保存は枝のまま?ぶどう農家生まれが教えます
シャインマスカットの保存は枝についたままするの?どうしたらいいの?というあなたへ、ブドウ農家生まれのけいこがご紹介しています。枝についたままでも1粒1粒枝を少し残して切ってでもどちらでも保存はできます。食べごろを考えて保存してください。

 

②冷蔵(10℃以下)の場合

5~7にち日持ちさせたい場合は冷蔵庫の野菜室へ。

シャインマスカットの保存温度について

「冷蔵」の場合、

wikipediaによると、

  • 「冷蔵」はJAS法では「10℃以下」での保存

ということになっていました。

「JAS法」とは「日本農林規格等に関する法律」で

農林物資の品質表示などが定められています。

マスカットの香りは10℃の時が一番保ちやすいという統計も出ているようなので

冷蔵するという方法はぶどうにとっても優しいかなと思います。

冷蔵での保存方法は

  • 洗わずに(新鮮さを保ち傷めないため)
  • 房ごと または
  • 1粒1粒切って

表面の新鮮さを保ちながら保存しましょう。

こちらも参考になさってください。

【シャインマスカット】保存は枝のまま?ぶどう農家生まれが教えます
シャインマスカットの保存は枝についたままするの?どうしたらいいの?というあなたへ、ブドウ農家生まれのけいこがご紹介しています。枝についたままでも1粒1粒枝を少し残して切ってでもどちらでも保存はできます。食べごろを考えて保存してください。

 

③冷凍(ー15℃以下)の場合

7日以上保存したい場合は冷凍するのもいいかもしれません。

シャインマスカットの保存温度について

「冷凍」の場合、

wikipediaによると

  • 「冷凍」はマイナス15℃以下での保存

ということになっていました。

冷たく凍らせてもとてもおいしいですよ。

↓ツイッターからの情報です。

 

シャインマスカット 保存の温度「10℃」でマスカットの香りが保たれる

シャインマスカットは保存温度が10℃の時にマスカットの香りが継続するということが報告されています。(2015年の農研機構の記事から引用です:https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/fruit/060179.htmlより)

ということは、より新鮮なシャインマスカットを保存するには10℃が適しているのかもしれませんね。

いずれにせよシャインマスカットをおいしく召し上がるには鮮度が大切なので

お早目に召し上がるのが大事だと思います。

シャインマスカット 保存の温度についてまとめ

今日はシャインマスカットの保存の温度は何度なんだろう?ということをまとめてみました。

保存方法は常温・冷蔵・冷凍とありますのでそれぞれの温度を考えてみるとよさそうです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

こんな記事もおすすめです。

【シャインマスカット保存期間はどのくらい?】ぶどう農家生まれが解説!
シャインマスカットの保存期間はどのくらいが目安なの?と思ったあなた様へ、ブドウ農家に生まれた私のおおよそですが「常温で2~3日」「冷蔵庫保存で5~7日くらい」は大丈夫だと思います。冷凍して長持ちさせるのも良いかもしれません。鮮度が高いうちに召し上がるのが一番おいしいと思いますのでお早めに。保存方法などご紹介しています。
【シャインマスカットのカビ】は食べられる?緑色の状態を見てみよう
マスカットのカビについて、ブドウ農家に生まれた管理人がご紹介しています。緑色の状態を見てみたり黒い点をみてみたりぶどうをよく見てみることが大事です。人気のシャインマスカットや保存方法についても触れていますので参考になさってくださいね。
タイトルとURLをコピーしました