【卵の殻は何ゴミ?】捨て方や再利用方法

卵の殻何ゴミ
https://pixabay.com/images/id-943413/

こんにちは。

卵の殻は何ゴミか気になったあなたへ、

卵の殻は生ゴミですので「燃えるゴミ(可燃ゴミ)」として出すことができます。

今日は卵の殻の捨て方や再利用方法についてをご紹介しています。

卵の殻は何ゴミ?生ゴミ可燃ゴミ

卵の殻は「燃えるゴミ」として出せます。

台所ごみ・生ゴミと呼ばれ、

  • 野菜くず
  • 残飯
  • お茶がら
  • 貝殻

などとともに燃えるゴミです。

お住まいの生ゴミの捨て方にそって捨てましょう。

捨て方や再利用方法

卵の殻の捨て方

卵の殻の捨て方は

  • 水気をよく切ってから新聞紙などに包む

などお住まいの地域の捨て方にそって捨てましょう。

 

ポイント:割った卵の殻をそのままにすると臭いです。流水で流しながら卵の殻をくだくと、におわなくなります。
卵の殻の臭い(におい)が気になる場合は気にならなくなるゴミ箱もありますよ。

卵の殻の再利用方法

卵の殻の再利用方法としては日経ビジネス2018年4月2日号によると

卵の殻を原料にしたスポーツ用の白線などの商品が開発されて利用が拡大されているそうです。

  • 天然素材
  • 安全性が高い
  • 環境にやさしい

という卵の殻の特徴を利用していますね。

また、ぶどう農家の私の実家では卵の殻は土に返しています。

その理由は卵の殻が土の肥料になるからです。

 

卵の殻は「炭酸カルシウム」でできています。

酸性になってしまう土壌(どじょう)を中和させるなど、作物を育てるのには良い影響を与えます。

 

ポイント:卵の殻を細かく砕いて肥料にします。
土の中にいる微生物が卵の殻を好むので、畑がある場合は卵の殻を有効活用できてお得です。

卵の殻の成分

卵の殻の成分は

  • 炭酸カルシウム

です。

卵の殻についている膜は卵殻膜(らんかくまく)と呼ばれて「たんぱく質」で出来ています。お肌にもよいので化粧品にも使われていますね。

また卵殻膜パウダーはインソールにも使われています。

 

卵の殻は何ゴミ?捨て方や再利用方法の記事のまとめ

今日は卵の殻は何ゴミかについて書きました。卵の殻を捨てる前に活用できる方法もご紹介しました。

卵の中身だけでなく殻を使っていけると環境に優しいですね。

最後までお読みいただありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました