子供が救急車で運ばれた時に覚えておきたい「選定療養費」について

子供と体験談

私の息子は二人とも救急車で運ばれたことがあります。

今回はその経験を踏まえ、初めて行った病院で起こった、知らなかったことを記事にします。

・夜間の時間外だと保険適用外の診察代が7560円かかった。

これは病院によって違うと思うのですが、今回次男を緊急でつれていった、はじめての病院で会計時に払うことになりました。

証拠写真⏬

7560円って結構いたくないですか?

幸いお金を持っていっていたので良かったのですが・・・

もし万が一の時に備えて、お金は余分に財布にいれておくべきだと感じた一瞬でした。

かかりつけの病院に行けるのが一番ですが、

やっぱり時間外になると一番近いところというのが一番ですものね。

今回帰りにタクシーも使ったのでタクシー代もかかり

予定外の出費になりました。

ただ子供の命の方が大事なので仕方がありません。

万が一受診をされる方はこう言うこともあるよということを知っておいてほしいです。

・払ったお金は確定申告で戻ってくる?

これは窓口の人に単刀直入に聞いたのですが、

「それは税務署の方に聞いてください

ここではわかりかねます」とのことでした。

こんな経験はじめてだったので調べてみました。

調べた結果、

・「選定療養費」は医療費控除の対象となることがわかりました。

ですので確定申告時に申告が出来ます。

結構イタい金額なので、戻ってくる分にはありがたいですよね。

確定申告の方法はここでは割愛させていただきます。

ここで

選定療養費」という言葉についてなのですが、

みなさんはじめて聞く方も多いかと思います。

そもそもこの費用とはなんなのかといいますと、

「保険的用内の治療医療費と

保険適用外の治療の医療費を

一緒に請求が出来る」

という制度からなりたっているものなんですよね。

分かりにくいかもしれませんが、

堂々と医療費控除に含まれるものになります‼️忘れずに申告してください。

ここで大事なのは、

・「請求書」は確定申告の時まで大事にとっておく

ということです!

支払ったあとにもらうレシートって結構捨ててしまう方も多いかと思うんですが、

それでは申告が出来ませんから、

しっかり保管しておくことが大事です!

まとめ

子育てをしているといざ何が起こるかわからず、私のように救急車を呼ぶこともあるかと思います。

子供の命のことを一番に考えることが大事ですが、お金の面も覚えておくとよいことがあるので忘れないようにしてください。

今回行った病院は大きな病院だったために高額となりましたが、病院によってそれは違って来ますので一概には言えないと思います。

ただ、覚えておいてほしいのが

慌てているときにでもお財布の中身はきちんと備えておいた方がよい!と言うことでした。

こう考えると子供を育てると言うことはとてもお金がかかることだなと感じます。

命を授かっているので責任重大ですね。

世の中の子育て中のパパママさんにお役に立てればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事もおすすめです(過換気症候群に初めてなった健忘録)

タイトルとURLをコピーしました